酵素不足が病気になる?

酵素不足で病気になる

酵素は健康食品などに含まれ、最近人気になっています。酵素ダイエットや酵素美容なども耳にするようになりました。酵素が不足することで、なんと病気を引き起こすことがあるのです!

酵素は生命活動を行うのになくてはならないものなので、酵素不足になれば生きてもいけなくなってしまうほどの病気にもつながるのです。酵素不足が原因になる病気について知って、健康を保つきっかけにしてみて下さい。

酵素はなぜ不足するの?

加齢とともに、体内で作られる酵素の量は少なくなってしまいます。これは、老化によるものなので、誰にでも起こることです。

野生の動物は、糖尿病や癌などの病気にはならないと言われています。それは、酵素が多く含まれている生の肉や草などを食べているからだという説があります。火を通して食事をするのは人間だけです。熱によって、酵素は失われる性質を持っています。当然酵素を補いにくい環境になっています。

そして、現代社会では、ストレス、喫煙、飲酒、睡眠不足、乱れた食生活、不規則な生活など、外的な要因で酵素不足を招いていることが多いのです。

酵素不足が原因で起こる病気とは?

糖尿病

糖尿病予防に

糖尿病は血液中の血糖値が異常に高くなったままになった状態で、身体に様々な異変が見られる病気です。糖質を多く摂るなど、食生活の乱れによって起こることが多いと言われています。

本来、食事をしたりして、血糖値が上がれば、肝臓でインスリンが生成されて血糖値を下げてくれます。この肝臓でのインスリンの分泌に酵素が関わっています。酵素が不足することで、インスリン分泌が正常に行われなくなることで、糖尿病を引き起こします。

生理不順

生理不順の改善

ホルモンバランスの崩れによって引き起こされています。女性ホルモンであるエストロゲンが減少している状態です。エストロゲンの減少によって、他にも更年期障害や不妊、骨粗しょう症などの症状も引き起こします。

エストロゲンを生成するためには、酵素とビタミン、ミネラルが必要になります。つまり、酵素が不足するとエストロゲンが生成されません。酵素によって、女性ホルモンのバランスは保たれているのです。

動脈硬化

動脈硬化とは、悪玉コレステロール(LDL)が血管内に付着して、血管が狭くなったり、もろくなったりしている状態です。動脈硬化がおこっていると、血栓が出来やすく、それが心臓に行くと「心筋梗塞」、脳に行くと「脳梗塞」となり、命に関わる重篤な病気になります。

酵素が不足することで、悪玉コレステロールが増え、血液がドロドロになりやすくなり、動脈硬化になりやすくなってしまうのです。動脈硬化になりやすい人は、食生活が乱れている人が多く、酵素不足を加速させてしまっていることが多いのです。

認知症

認知症のリスクアップ

日本の社会問題にもなっている認知症ですが、その認知症にも酵素が関わっているのです。認知症にも種類がありますが、その約60%がアルツハイマー型認知症と言われています。アルツハイマー型認知症の原因はいまだに解明されていない部分もあります。その中で、脳内にアミロイドベータというタンパク質が蓄積することで、神経細胞が死滅し、脳が委縮することが原因ではないかと言われています。

酵素の中には、このアミロイドベータを分解するものが存在しています。認知症は通常高齢になって発症するものなので、慢性的な酵素不足が認知症のリスクを高めているかもしれないとも言われています。

癌細胞の発生

癌の原因には、まだ分かっていない点も多くありますが、活性酸素や腸内環境の悪化なども原因としてあげられています。

活性酸素とは、酸化力が高く体内で増えすぎると体内の細胞を老化させてしまいます。そして、この活性酸素が癌細胞を産み出してしまうころがあるのです。酵素には、この活性酸素を除去する働きを持つものがあります。酵素が正常にある状態では、癌細胞が発生しにくくなります。

また、酵素が不足することで、消化分解機能が低下し、腸内環境が悪化していると、悪玉菌を大量に発生させてしまいます。それによって有害物質が血液に運ばれ、身体全体にめぐると、癌のリスクが高まってしまうのです。

免疫系疾患

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、リウマチなどがあります。免疫機能とは、外部から侵入してきたウイルスなどの病原体から私達の身体を守ってくれる防御機能のことです。そして、免疫機能を持つ、免疫細胞の約7割が腸で作られると言われています。

よって、酵素不足によって、腸内の環境が悪くなると、免疫細胞が作られず免疫機能が低下してしまうのです。

酵素で病気を防ごう

酵素不足になることで、様々な病気の原因になることが分かっていただけたでしょうか?酵素が命の源となっているようです。酵素不足が病気の原因となるということが分かれば、酵素を補うことで、病気を防ぐことができるということです!

私達は、酵素が不足しやすい環境にいます。酵素が不足しないように、食生活や生活習慣を見直しながら、酵素を補う努力をする必要があります。食事で補いきれない場合は、サプリメントなどの健康食品もうまく取り入れるのも良いでしょう。酵素の力で、病気にならないような生活をしていきましょう。