酵素で内臓脂肪が減るの?

メタボ対策に効果的な酵素

内臓脂肪、メタボと聞くと、ただ「太っている」というイメージが多いのではないでしょうか?食生活の乱れや食事の欧米化によって、内臓脂肪が付きやすく、メタボにもなりやすい環境になってきています。内臓脂肪が増えると、お腹がポッコリと出てしまい、見た目が気になるかもしれませんが、病気の原因にもなってしまうのです…

美容や健康にも良いと言われている酵素が、内臓脂肪を減らすことにも有効だと言われています。酵素で内臓脂肪が減るのか、メタボ対策に良い理由をご紹介します。

内臓脂肪が多いとメタボ?

メタボとは?

太っている人をメタボと呼んでいるわけではありません。メタボリックシンドロームと言われ、複数の病気や異常が重なっている状態を表しています。内臓脂肪の蓄積も必須条件です。

診断基準としては、腹囲が基準値(男性は85cm、女性は90cm)を超えていて、高血圧、高血糖、脂質代謝異常の3つのうち2つ以上当てはまると「メタボ」と診断されます。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?

脂肪にも2つ種類があります。それが、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」です。

内臓脂肪

内臓の隙間についた脂肪です。見た目では分からないので、知らない内に内臓脂肪が付いてしまっていることも多いのです。隠れ肥満とも呼ばれます。メタボの象徴的存在です。お肉が付いているのに、うまく手でつまめない脂肪は、内臓脂肪の可能性があります。

内臓脂肪が多いと、血糖値も高くなりやすくなり、血液はドロドロになってしまいます。そうなると、糖尿病や高血圧になりやすくなり、動脈硬化にもつながります。年を重ねると多く見られるようになる肥満ですが、無理なダイエットで食事制限をした場合にもなりやすいのです。

皮下脂肪

皮膚の下にある脂肪で、見た目に太ったと分かりやすく、一度ついてしまうと、なかなか落ちないとも言われます。病気を引き起こす物質ではなく、エネルギーを貯蔵したり、体温を保温したりという役目をもっています。女性は特につきやすく、お腹や太もも、おしりなどに良く見られ、痩せにくいと悩んでいる人が多いようです。

内臓脂肪の落とすには?

バランスの良い食事が内臓脂肪対策

内臓脂肪は、皮下脂肪のように腹筋をしてお腹の筋肉をつけても減らすことができないのです。そこで、内臓脂肪を落とすためには、代謝を上げることが重要になってきます。メタボリックシンドロームとは、メタボリック=代謝という意味です。日本語に訳すと、「代謝異常症候群」となるそうです。このことからも、内臓脂肪と代謝の関係性が分かります。

痩せたいなら、食べなければ良いと思いがちですが、食事を無理に少なくすることで、栄養不足になってしまい、代謝を下げてしまいます。

また、身体にとっては飢餓状態になっているので、普段以上にエネルギーを吸収しようとして、余分にエネルギーを蓄えようとします。それが、内臓脂肪が増える原因になっているのです。よって、食事を抜かず、低カロリーで栄養バランスが整った食生活をすることが必要になってきます。

酵素が内臓脂肪に有効なのはなぜ?

代謝酵素を増やす

酵素は消化吸収に関わる消化酵素と、身体の生命活動に使われる代謝酵素があります。体内の酵素は、歳を重ねるごとに減少してしまいます。よって、加齢とともに、太りやすくなってしまうのです。そこで、内臓脂肪を減らして、メタボ対策をするには、エネルギーとして消費するための代謝酵素を増やすことが必要になります。

体内の酵素が足りない場合は、外から酵素を補うようにします。そうすると、消化酵素の働きを助け、代謝酵素として使われる酵素が増えて、エネルギーを内側から燃やせる身体になります。

消化酵素で腸内環境を整える

腸内の環境が悪化していると、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、便秘になりやすくなります。それが、余分な栄養素を吸収したり、有害な毒素を血液に送り込んだりする原因となり、内臓脂肪につながっています。酵素を補えば、消化酵素の働きも良くなることで、腸内の環境が整い、内臓脂肪を減らす環境を整えることができます。

酵素ダイエットで内臓脂肪を減らそう

酵素サプリメントを摂る

酵素は食事からも補うことはできます。酵素が多く含まれる食品は、野菜や果物、海藻や発酵食品などです。そして、酵素は熱に弱いので生のまま摂取することが大切です。毎日酵素を摂ろうとすると、大量の野菜や果物が必要になってしまうので、継続が難しくなってしまいます。

そこで、酵素サプリメントが手軽に酵素を補えるのでおすすめです。持ち運ぶこともできますし、水さえあれば良いのです。酵素のサプリの中でも、加熱処理がされていない「生酵素」を選ぶと、効果が高く期待できそうです。

酵素ドリンクを摂る

酵素ドリンクは食事代わりに補うという、「ファスティングダイエット」に向いているので、内臓脂肪を落とすためにも有効と言われています。3食のうちの1~2食を酵素ドリンクのみを飲むという方法です。

低カロリーで栄養バランスが取れた食事はなかなか用意できないですよね…酵素ドリンクを摂れば、たくさんの栄養素を含みながら、低カロリーなので、1日の摂取カロリーを大幅に減らすことができます。

酵素ドリンクは加熱殺菌をされているので、酵素が少ないとも言われています。しかし、何種類もの野菜や果物を発酵熟成させて作られている栄養素がたっぷりと含まれています。そして、酵素が再合成されることもありますし、高温でも働く酵素も存在しています。効果は十分にあるようです。

酵素ダイエットで内臓脂肪を減らして、脱メタボ!

脱メタボへの道

内臓脂肪が多くなることで、生活習慣病など、重い症状の病気につながってしまうようです。内臓脂肪を減らすためには、身体の代謝を上げて、食生活を改善することが大切なようです。

そこで、酵素の出番です。酵素を補うことで、身体の代謝機能を上げることができるので、効率的に内臓脂肪を減らすことができます。酵素は食事から意識して摂ることも必要ですが、酵素サプリもとても便利で有効です。

また、食事代わりに補える酵素ドリンクは、しっかりと栄養補給ができる上に、カロリーを抑えることができるので、内臓脂肪を落とすための食事制限の助けになります。酵素ダイエットを継続することで、内臓脂肪を落として、脱メタボが目指せそうです。ぽっこりお腹をへこませて、健康的な身体作りをして下さい。